【ニュースリリース】
ディライトワークス
クリエイター育成のため “社内ゲームセンター”を新設
「DELiGHTWORKS × ゲーセンミカド」

2019.03.27

ディライトワークス株式会社(以下、ディライトワークス)は、2019年3月27日(水)に、自社のゲームクリエイター育成を目的として、社内に社員向けの“社内ゲームセンター” (以下、本施設)を新設いたしました。
また、本施設の開設にあたり、東京都内で2つのゲームセンターを営業するゲームセンター「ゲーセンミカド」(店舗:高田馬場・池袋、オーナー兼店長:池田 稔)のご協力のもとタイトル選定やアーケードゲーム筐体の設置を行っており、名称を「DELiGHTWORKS × ゲーセンミカド」に決定いたしました。

 

 

アーケードゲームの魅力は、筐体の設計やデザインを含めた自由度の高さです。プラットフォームの枠を超えて、ゲームの“面白さ”を考える文化を醸成することを目的として、本施設を新設いたしました。定期的にタイトルを入れ替えながら稼働し、社員は自由にプレイすることができます。

 

また、昨今、さまざまな技術的な制約がある中で“楽しさ”を生み出すためのアイデアが詰まった“レトロゲーム”への関心が高まっています。本施設では最新のアーケードゲームに加えて、歴史あるアーケードゲームも積極的に取り揃えてまいります。実際の筐体で体験することで、さまざまな時代の“面白さ”に触れ、クリエイターが新たな刺激を得ることのできる施設を目指してまいります。

 

本施設にご協力いただく「ゲーセンミカド」は、アーケードゲームの強豪プレイヤーたちが集うことから“伝説のゲームセンター”として知られ、独自に開催するユニークなイベントや大会も人気です。「ゲーセンミカド」とともに本施設を運営することにより、ゲームの“面白さ”を再発見する視点や、新たな楽しみ方をお客さまにご提案する柔軟な発想を学んでまいります。

 

ディライトワークスは、「ただ純粋に、面白いゲームを創ろう。」という理念のもと、クリエイターの育成に取り組んでおり、2018年に世界中のアナログゲームを揃えた「DELiGHTWORKS ボードゲームカフェ」を社内に開設しました。今後もその理念のもと、“面白さ”の本質を探求し、お客さまに楽しんでいただけるゲームを創り続けることを目指してまいります。

 

 

 

◆漫画家 押切蓮介氏描きおろしの「ミカドちゃん」を公開◆
漫画『ハイスコアガール』などの作者である漫画家の押切蓮介氏がキャラクターデザインを手掛けた「ゲーセンミカド」のイメージキャラクター「ミカドちゃん」を、本施設の特別デザインとしてご本人が描きおろしました。
「ミカドちゃん」は、「ゲーセンミカド」ファンの間で愛され、様々なグッズも展開される人気キャラクターです。今回の描きおろしでは、ディライトワークスをイメージした彩色や、胸の「DW帝」など、本施設をイメージしたデザインが施されています。