過去のセッション

vol.05
デザイナー向け
中辛
タイトル

アートから受け取るグラフィックス

■講演者プロフィール
グラフィックスディレクター

田口 博之

1992年に新卒で株式会社セガ・エンタープライゼス(当時)に入社、3D創世記であるアーケード部門に配属。海外から国内カードゲームまでタイトルの立ち上げを幅広く経験。カードイラストレーターとしての顔を持つ。ディライトワークスへは2018年4月に入社、グラフィック部副ジェネラルマネージャーとして組織マネジメントとゲーム開発に従事。

[ セッションの内容 ]

ゲーム制作時にヴィジュアルのコンセプトを実際のゲーム機におけるグラフィックとしてどのように実現し、ユーザーに届けるか。その思考プロセスやフローについてディライトワークスの取り組み方を交えてお話します。

[ 受講スキル ]

現在アートディレクター、グラフィックディレクター、各リードデザイナーとして業務をされている方。

[ 得られる知見 ]

上流工程から下流工程まで、長いフローの中でのトラブルや改善方法の糸口が得られます。

[ 受講者へのメッセージ ]

ゲーム制作の道のりは長くつらい、ただその先にはユーザーが必ず待っています。

当日使用したスライド

ファイルサイズ:約0.9MB