過去のセッション

vol.04
プランナー向け
ディレクター向け
PM向け
甘口
タイトル

ディレクターが「決める」ためにどう考えるべきか

■講演者プロフィール
ディライトワークス株式会社
DELiGHTWORKS SWALLOWTAIL Studios / ディレクター

下舘 尚貴

2008年に業務系SIerのシステムエンジニアとしてキャリアをスタートし、2012年にゲーム業界へ足を踏み入れました。
ゲーム開発においてもプログラマーとしてキャリアをスタートしましたが、現在はディレクター/プランナーを担っています。
主な担当タイトルは『バンドやろうぜ!』など。

[ セッションの内容 ]

ディレクターはゲームの運営開発において様々なことを「決める」ことが求められます。
今回の講演では、運営ゲームタイトルのディレクター交代を承諾し、運営を行った自身の経験をもとに、ディレクターが意思決定をするために、何を判断材料にし、どう考えて「決める」のか、そのためのノウハウを実例を交えながらお伝えします。

[ 受講スキル ]

ゲーム開発経験者(担当職種問わず)

[ 得られる知見 ]

ディレクターに必要な意思決定ノウハウ

[ 受講者へのメッセージ ]

ディレクターとしてゲーム開発に携わる中で大切な、意思決定のためのノウハウをお持ち帰りいただければと思います。

当日使用したスライド

ファイルサイズ:約1.3MB

トップへ戻る