『ゲームマーケット2019春』に参加しました!

BLOG > 広報ブログ
2019.06.13

皆さま、こんにちは!ディライトワークスの広報担当です。

5月25日(土)~26日(日)の2日間、東京ビッグサイトの青海展示棟で開催された

“電源を使用しない”アナログゲームのイベント

「ゲームマーケット2019春」にディライトワークスが出展いたしました!

ディライトワークスの出展は、「ゲームマーケット2018秋」、「ゲームマーケット2019大阪」に引き続き、3回目となりました。

 

ディライトワークスでは「ただ純粋に、面白いゲームを創ろう。」という理念のもと、様々なプラットフォームでゲームを制作しています。

本イベントへの出展は、DELiGHTWORKS SWALLOWTAIL Studios(第1制作部)が

中心となり、本イベントの出展に向けて準備を進めてきました。

 

▲開場前の外の様子です。たくさんのお客さまが並んでいます!

 

ディライトワークスのブースでは、8月3日(土)に発売を控える

『Dominate Grail War -Fate/stay night on Board Game-』のコンポーネントの初展示を中心に、5月27日(月)発売の『盾の勇者の成り上がり × The Last Brave』の先行販売や試遊を行ったほか、ブース内のステージにてトークショーなどを行いました。

 

今回のブースのメインとなり、イベント当日にゲームの詳細やコンポーネントなどの情報を公開した『Dominate Grail War -Fate/stay night on Board Game-』の展示は、

開場直後からたくさんのお客さまにご覧いただきました。

 

 

 

 

ブース側面には『Dominate Grail War -Fate/stay night on Board Game-』に登場するマスターたちのスタンディがずらり。

一緒に記念写真を撮る方も多くいらっしゃいました。

▲言峰綺礼の背の高さに驚いていた方が多くいらっしゃいました!

 

 

『Dominate Grail War -Fate/stay night on Board Game-』のキービジュアルがプリントされたオリジナルショッパーは、たくさんのお客さまに手に取っていただけました。

ご購入されたゲームを入れたり、綺麗に折りたたんで記念品としてお持ちいただくなど、思い思いにお持ち帰りいただきました。

お手に取ってくださった皆さま、ありがとうございました!

 

 

 

『盾の勇者の成り上がり × The Last Brave』は、先行販売に加え試遊も実施しました。

『盾の勇者の成り上がり』をご存じの方がプレイされ、ゲーム内でストーリーに似た状況になった際に「おお~!」と声を上げられる一面もありました。

 

 

 

ブース内では2つのトークショーを開催しました。

『Dominate Grail War -Fate/stay night on Board Game-』のゲームデザインを手掛けたBakaFire PartyのBakaFireさんにブース内のステージにご登壇いただいたトークショーでは、ゲームのルール説明や楽しみ方、初出し情報を含めた様々な内容をお話いただきました。

 

 

 

 

『The Last Brave』と『盾の勇者の成り上がり × The Last Brave』のゲームデザインを手掛けたカナイセイジさんと、『盾の勇者の成り上がり × The Last Brave』のコラボを手掛けたスロウカーブの宮川さんにご登壇いただいたトークショーでは、ゲームとアニメのコラボならではの制作秘話や楽しみ方のポイントなどが語られました。

 

 

 

そのほか、ブース内の試遊スペースには「ゲームマーケット2018秋」で発売した『CHAINsomnia~アクマの城と子どもたち~』や『The Last Brave』も設置し、お客さまにディライトワークスのゲームを試遊していただきました。
ここでゲームマスターをしていたのは、実際にゲームの制作などに携わったスタッフたち。お客さまが楽しんでプレイされている様子を見て、スタッフもお客様に笑顔をいただいていたようでした!

 

 

 

 

性別も年齢も幅広いお客さまが楽しまれている様子や、年々規模が大きくなるイベントの様子を見ると、アナログゲームの盛り上がりを実感します。
そして、ゲームのシステムやデザインなど、自由度の高いアナログゲームにはまだまだ多くの魅力と可能性があることを改めて感じました。

 

ブースにお越しいただいた方や、商品をお買い上げいただきました皆さまに、この場を借りて改めてお礼申し上げます。

今後もディライトワークスは、「ただ純粋に、面白いゲームを創ろう。」という理念のもと、アナログゲームを含む様々なプラットフォームでゲームを創り続けてまいります!

 

今後も広報ブログでは、ディライトワークスの活動をご報告してまいりますので、ぜひご覧ください!