ロサンゼルスで『Fate/Grand Order』(英語版)
単独のイベントを開催しました。

BLOG > 広報ブログ
2019.06.06

皆さま、こんにちは! ディライトワークス広報担当です。

 

ブログの公開が大変遅くなってしまったのですが、2019年2月23日(土)~2月24日(日)の2日間、アメリカ・ロサンゼルスにある California Market Centerにて、北米地域で初めての『Fate/Grand Order』(以下、FGO)単独リアルイベント「Fate/Grand Order U.S.A. Tour 2019 in Los Angeles」が開催されました。当社のクリエイティブオフィサーでFGO PROJECTクリエイティブプロデューサーを務める塩川洋介がステージに登壇したほか、イベントの裏側では弊社スタッフもかかわっていますので、会場の模様を多数の写真とともにご紹介いたします。

 

「Fate/Grand Order U.S.A. Tour 2019 in Los Angeles」は、『FGO』(英語版)を展開するアメリカ地域で行われるツアーイベントの第1弾となるイベントです。今回のロサンゼルスを皮切りに、シカゴやアトランタ、ニューヨークなど2019年の間に5回開催を予定しています。

 

『FGO』(英語版)は、2017年6月より北米地域向けに配信を開始し、2018年4月にはシンガポール、タイ、フィリピン、ベトナム、オーストラリアの5カ国向けのAndroid/iOS両プラットホームでも配信されており、各国のアニメコンベンションイベントにてブース出展を行っていましたが、単独でのイベントは今回が初となります。

 

単独イベントということで、どれだけ注目を集めるかと期待と不安を感じていましたが、会場前にはオープンをお待ちいただいているお客さまの長い列ができていて、こんなにも注目をされているのかとうれしく感じました。

 

列は2つあり、ステージや展示コーナーに先に入場する方々向けの列と、会場限定グッズなどを取り揃えた物販優先のエリアに入場する方々の列がつくられていました。物販の列は会場となったビルの外周に沿って続いていて、次々にいらしていただくお客さまがいるためイベントが始まってから2時間以上途切れないほど。

 

 

会場は1階部分にメモリアルオブジェやステージ物販コーナーが、13階に展示エリアを展開。

展示エリアは入り口にU.S.A. Tourのメインビジュアルが大きく掲示されていて、日本のイベントにはない新しい展示が行われていました。

それは、坂田金時〔ライダー〕が愛用する宝具「ゴールデン・ベアー号」!本物のバイクをカスタムした迫力満点の本格仕様のバイクです。多くの方がバイクに跨って記念撮影をされていました。

 

ほかにも、アメリカで初公開となった「約束された勝利の剣」(エクスカリバー・モルガン)など様々なサーヴァントの宝具展示や、『FGO』(英語版)の公式SNSで行われたイラストレーションコンテストに応募いただいたイラストの展示、来場されたお客さまが自由にイラストやメッセージを書き込めるメッセージボード、このイベントの直後に北米での配信が開始された『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』や、日本でも展開されている英霊召喚ボードゲーム『Fate/Grand Order Duel -collection figure-』などの体験コーナーなどなど。どのコーナーもたくさんのお客さまに楽しんでいただいていました。

 

 

 

日本のイベントではお馴染みの、リヨさんが描く「マンガで分かる!Fate/Grand Order」の着ぐるみもこのイベントに登場しました。「Fate/Grand Order U.S.A. Tour 2019 in Los Angeles」では、お客さまのコスプレ参加がOKだったのですが、予想以上にコスプレイヤーさんがたくさん来場されていて、着ぐるみとともに一緒に撮影するコスプレギャザリングでは多くのマスターやサーヴァントのコスプレイヤーさんが集まりました。

 

 

 

コスプレイヤーさんを見ると、メイヴやクー・フーリン〔オルタ〕、ナイチンゲールなど、アメリカが舞台となる第1部 第五特異点「北米神話大戦イ・プルーリバス・ウナム」に登場するサーヴァントや、宝具展示がなされた坂田金時〔ライダー〕など様々。まだ『FGO』(英語版)に実装されていないサーヴァントに扮したコスプレイヤーさんもいて、日本語版で最新の情報をチェックしている方もいらっしゃいました。

 

また、「どうしてもロサンゼルスのイベントに参加したかった」と日本から来ていただいたコスプレイヤーさんもいらっしゃいました。

 

ステージが設置された1階では、1日目に1回、2日目に3回、計4回のステージイベントを実施。1000人規模のステージでしたが、毎回全ての席がいっぱいになるほどでした。

 

2日目に行われたステージ「Fate/Grand Order Special Panel」では、『FGO』(英語版)で間もなく開幕となる第1.5部「Epic of Remnant」の新情報を発表するために、FGO PROJECTクリエイティブプロデューサーの塩川洋介が登壇。

「亜種特異点I:悪性隔絶魔境新宿『新宿幻霊事件』」の開始がステージ当日の夜であるとサプライズ発表すると、会場内にいた多くの方が驚き、歓声を上げていらっしゃいました。

 

『FGO』(英語版)初の単独イベントでしたが、日本と変わらず、たくさんの方々に楽しんでいただけていることを実感するイベントでした。

 

これからも海外でのイベントの様子などをお伝えしてまいります!