シンガポールのイベント「C3AFA Singapore 2018」で
『Fate/Grand Order』(英語版)初出展と
ステージイベントを行いました

BLOG > 広報ブログ
2018.12.17

皆さま、こんにちは! ディライトワークス広報担当です。

 

2018年11月30日(金)〜12月2日(日)に、シンガポールにあるSuntec Singapore Convention & Exhibition Centreにて「C3 AFA Singapore 2018」が開催され、『Fate/Grand Order』(英語版)のブース出展が行われました。

 

「C3 AFA Singapore 2018」は、東南アジア最大級のアニメコンベンションイベントです。今年で10周年を迎え、3日間で10万人もの来場者があります。主に日本発のコンテンツを楽しむ場として、現地シンガポールのファンはもちろん、近隣のマレーシアやインドネシアからも多くの方が訪れています。

 

また、「C3 AFA Singapore 2018」は、日本の声優やアニソン歌手の皆さんがステージに登場するイベントとしても知られていて、そのステージを見ようと日本から訪れるファンもいるほど。東南アジアで有名なイベントですが、日本でも多くの方に知られているイベントです。

 

そんな「C3 AFA Singapore 2018」に、『Fate/Grand Order』(英語版)が初めてブースを出展しました。

『Fate/Grand Order』(英語版)は、2017年6月より北米地域向けに配信を開始し、2018年4月には配信地域を拡大し、シンガポール、タイ、フィリピン、ベトナム、オーストラリアの5カ国向けのAndroid/iOS両プラットホームでも配信されています。今回のブース出展は東南アジアでは初の大型イベントへの出展です。

 

イベント会場入口前には、『Fate/Grand Order』の巨大ポスターがはり出され、また建物内の各所にある電子パネルでも『Fate/Grand Order』が映し出されていました。

 

初めての出展のため、どれだけの方がFGOブースに訪れてくれるのかとドキドキしていましたが、イベント開催初日から、多くの方がブースに足を運んでくださり、シンガポールでの認知度の高さと、多くのユーザーがいることを実感しました。

 

FGOブースは、『Fate/Grand Order』(英語版)で配信直前のクリスマス仕様に。ジャンヌ・ダルク・オルタ・サンタ・リリィやアルトリア・ペンドラゴン〔サンタオルタ〕のパネルが展示されていました。

 

また、ブース内ではジャンヌ・ダルクとジャンヌ・ダルク〔オルタ〕の宝具展示や、『Fate/Grand Order』(英語版)配信からの振りかえり、これまでに登場したサーヴァントのアクリルパネル一覧展示に、アトラクションで召喚されたサーヴァントのポストカードプレゼント企画も行われました。ポストカードプレゼントでは、ブース前に長い行列ができていました。

 

また、FGOブース内ではミニステージを展開し、3日間様々な企画を行いました。特に人気だったのが、リヨさんが描く「マンガで分かる!Fate/Grand Order」の女主人公が登場する着ぐるみステージ。来場者が一斉にスマホを取り出し、女主人公を撮影する光景にただただ圧倒されました。

 

また、「C3 AFA Singapore 2018」にはコスプレイヤーの方々も多数参加していました。まだ『Fate/Grand Order』(英語版)では登場していないサーヴァントのコスプレイヤーもたくさんいらっしゃることに驚きます。

 

そして、FGOブースに加え、さらなる盛り上がりが見られたのが、12月1日(土)12時より開催された『Fate/Grand Order』(英語版)のイベントステージです。3000人分の事前チケットがすべて完売し、アーティストのライブも行われる大型ステージの客席を埋め尽くすほど多くのユーザーの皆さんが集まりました。

 

『Fate/Grand Order』(英語版)のステージでは、アルトリア・ペンドラゴンなどを担当する声優の川澄綾子さん、マシュ・キリエライト役の高橋李依さん、ニトクリスなどを担当する田中美海さんが登壇。ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さんがMCを務めました。

 

3人が日本語で挨拶をすると、来場者から温かい拍手が贈られました。通訳の方がいらっしゃったのですが、日本語の分かる方も多く、訳される前にたくさんの反応が返ってくることに驚きました。また、客席にはメジェド様のコスプレイヤーも来られていて、田中さんが喜んでいる場面もありました。

 

川澄さんと田中さんがシンガポールに訪れたのは2度目で、高橋さんは初めてとのこと。「シンガポールに来てから何をしましたか?」との質問に、川澄さんと田中さんはシンガポールで美味しい中華料理を食べたことをコメント。高橋さんは買い物中にタイガーバームを購入したそうで、「肩こりがひどいので、すぐに塗ってお布団に入った」とコメントされました。

 

そして、ステージでは2018年12月1日の時点で配信間近であったメインシナリオ第1部「第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア」のCMが公開。

さらに、3つのセリフから一番拍手の大きかったセリフを言ってもらうライブリーディングを実施。サプライズもあり、セリフを聞いたファンからは、大きな大きな拍手が贈られました。

 

ライブリーディング後は、当社のクリエイティブオフィサーでFGO PROJECTクリエイティブプロデューサーを務める塩川洋介が登場し、最も聖杯が捧げられたサーヴァントランキングや、3つのスキルレベルが10になったサーヴァントランキング、『Fate/Grand Order』(英語版)に関する情報や、聖晶石10個プレゼントなどを発表し、ステージを観覧しているお客様から大きな声援が贈られました。

 

約1時間にわたって行われたステージは3000人ものファンに支えられ、大きな声援と拍手に包まれながら終了しました。

 

『Fate/Grand Order』(英語版)初の東南アジアでのイベント出展でしたが、『Fate/Grand Order』はこんなにもシンガポールのファンに楽しんでいただけていると実感することができ、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

これからも海外でのイベントの様子などをお伝えしてまいります!