韓国「G-STAR 2018」BtoB(商談)エリアに
ディライトワークスが初出展!

BLOG > 広報ブログ
2018.11.22

皆さま、こんにちは!ディライトワークス広報担当です。

 

2018年11月15日から18日にかけて、韓国・釜山(プサン)のBEXCOコンベンションセンターにて韓国最大のゲームショウである「G-STAR 2018」が開催されました。

今回、ディライトワークスとしてG-STARのBtoBエリアに初めてブースを出展しましたので、その様子をご紹介いたします。

G-STARは、世界3大ゲームショウに次ぐ規模のゲームの祭典ともいわれており、例年20万人以上の方が来場するそうです。また、開催地・韓国だけでなく日本、中国、東南アジア各国から、欧米の企業まで、世界中の企業が出展していました。

 

G-STARは、ユーザーや一般の方に向けたBtoC(一般公開)エリアに加え、ビジネスマッチングが行えるBtoB(商談)エリアが広くとられ、出展社数が多いことも特徴です。G-STARの事務局によると、9月時点でBtoCとBtoBを合わせて2874ブースの参加申込があったそうです。

 

 

ディライトワークスは、今回BtoBエリアに初めて企業ブースを出展しました。

 

今回は、先日発表した6つの制作部のうち2つの制作部門の責任者が現地入りし、2日間のビジネスデイの間に、多くの企業の方々との交流を行いました。今後のパブリッシング事業に向けた交流だけでなく、現地の優秀なクリエイターの方々や会社様とも直接コミュニケーションをとることができ、大変有意義な出展となりました。

 

余談ですが、隣の建物で開催されていたBtoCエリアには、各社の大型ブースが設置されていました。昨今世界的なヒットタイトルを出している韓国ゲーム業界らしく、オンラインゲームとモバイルゲームが中心ですが、なかでもバトルロイヤルゲーム勢の盛り上がりは想像以上で、まさに「百聞は一見に如かず」、とても刺激的でした。

G-STARのブースにて、メディア2社さまにインタビューをしていただいた記事が掲載されていますので、あわせてご紹介いたします。

 

■4Gamer.net

[G-Star 2018]ディライトワークスは「FGO」以外に何をしていくのか。パブリッシング事業への進出など,新たな展開について聞いた

https://www.4gamer.net/games/266/G026651/20181117011/

 

*韓国メディアの記事のため、韓国語のみですがご紹介いたします。

■인벤 – INVEN(インベン)

http://m.inven.co.kr/webzine/wznews.php?site=webzine&iskin=webzine&game=&idx=210485