韓国の大型イベント
「Anime X Game Festival in Seoul」に
『Fate/Grand Order』(韓国語版)の
大型ブースが出展!

BLOG > 広報ブログ
2018.11.15

皆さま、こんにちは! ディライトワークス広報担当です。

日本では1500万DLを突破した記念キャンペーンを開催するなど盛り上がっていますが、おとなりの韓国では、2018年11月3日(土)から4日(日)にかけて、韓国KINTEXにて大型イベント「Anime X Game Festival in Seoul」(以下AGF)が開催され、『Fate/Grand Order』(韓国語版)の大型ブースが出展されました。

 

「Anime X Game Festival in Seoul」は、ソニー・ミュージックエンタテインメントと韓国の代表的なアニメチャンネルANIPLUS INC.の主催により今年初めてスタートした、韓国ソウル初となるアニメやゲーム、音楽、キャラクターなどコンテンツを紹介する一大イベントです。韓国には日本のアニメやゲームに慣れ親しんだKIDULT(KIDとADULTを合わせた造語、KID+ADULTの造語)が数多くいる一方で、日本のコンテンツを発信するイベントはほとんどなく、日本のコンテンツが発表されるということで韓国のKIDULTを中心に注目を集めていました。

 

そして開催当日は、会場内に長蛇の行列ができるほどの来場者が集まり、韓国での日本のコンテンツの人気の高さを感じました。

 

『Fate/Grand Order』(韓国語版)としては、2018年10月に開催されたリリース前のイベント「Fate/Grand Order カルデアマスター採用説明会」以来のリアルイベントとなります。韓国のユーザー待望のイベントというだけあって、イベントスタートと同時に多くのファンが押し寄せ、ブース内周辺はイベント開始から終了まで、多くの方が訪れました。

『Fate/Grand Order』(韓国語版)のブースでは、ハロウィン仕様のマイルームのパネルや、配信を間近に控えるメインシナリオ「第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア」のパネル、『Fate/Grand Order』(韓国語版)がリリースされてからゲーム内で1年間に起きたことをまとめた年表など、新しさと懐かしさを感じる大型の展示が行われました。

 

 

 

ブースでは展示を見て楽しむだけでなく、参加して楽しむ企画も盛りだくさん!
特に大人気だったのが、ブースを使ったスタンプラリー。

 

 

スタンプラリー参加者には特典がもらえることもあってか、会場一の大行列が出来ていました。韓国での『Fate/Grand Order』の人気をあらためて強く実感しました。

 

ほかにも、サーヴァントとの記念撮影コーナーや、来場者も参加できるブース内のミニステージも大盛況。

 

 

 

そして、1日目のAGFでは、『Fate/Grand Order』(韓国語版)の1周年を記念したステージを実施。声優の川澄綾子さんと鶴岡聡さん、当社のクリエイティブオフィサーでFGO PROJECTクリエイティブプロデューサーを務める塩川洋介がステージに登壇しました。

 

用意された席だけでは足りず、ステージ外にも人が多く押し寄せるほどの大盛況!

 

川澄綾子さんや鶴岡聡さんによる生アテレコや、1周年記念で用意されたケーキへの入刀、TYPE-MOONの武内崇さんが描きおろしたイラスト色紙の発表など、非常に濃厚なステージとなりました。

 

 

 

 

 

 

終盤には、鶴岡聡さんによるアーラシュの宝具「流星一条(ステラ)」のセリフ。マイクを置き、全力で叫ぶ鶴岡聡さんへは、会場から惜しみない多くの拍手が送られました。

 

韓国で配信されて1周年、より多くのお客様に『Fate/Grand Order』を認知していただき、そして楽しんでいただけていると感じることができ、とてもうれしいです。これからも海外でのイベントの様子などをお伝えしてまいります!